上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
 パソコンを使用する人の中には、コマンドキーを多用する人が多いと思います。ですが、よく使うCtrlキーが標準の位置だと遠すぎるということがあります。

 そこで、あまり使わないCaps Lockキーとの入れ替えについてです。


 UbuntuなどのLinux環境ではGUIを利用して簡単にキーを入れ替えることができるのですが、Windowsでは少々面倒です。

 レジスタの変更で入れ替えを行うのでここから先の行為でOSに不具合が生じても一切は自己責任でお願いします。



 
1. [Windows]+[R]で「ファイル名を指定して実行」というウィンドウが表示される。

2. 名前の欄に〝regedit”と入力する。

3. (Windows Vista, 7の場合) ユーザー アカウント制御が立ち上がるが、「はい」を選択する。

4. レジストリ エディターが起動するので、「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout」とたどって行く。

5. 右クリックで「新規」、「バイナリ値」と選択する。

6. 適当に名前をつける。ただし、後から自分で思い出せるような名前をつけておくほうがいい。

7. 開いた画面に
    00 00 00 00 00 00 00 00
    03 00 00 00 3A 00 1D 00
    1D 00 3A 00 00 00 00 00

と入力する。

8. 再起動する。




 あくまで、自分のための備忘録なので参考までに見てください。
スポンサーサイト
クリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
テーマ:今日のブログ
ジャンル:ブログ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。